忍者ブログ

やね~八音~ブログ by津金美由紀

8net企画内 FooD部門 八ヶ岳を中心とした、周辺の土地から取れた作物や、生産者さんの作った、食べ物で、今日もおいしいものを創っていきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

体験~突然の不調の治し方~

先週の火曜日。

ぽかぽかと暖かくなってた陽気に、ついつい浮かれて薄いワンピースを着て出社。

午後になって曇り空。だんだん体が冷えてきた。

ゾクゾク寒気が・・・。。

あわててジャケットを車に取りにいったけど、
もう遅い。

見事に体調を崩し、熱が出てくる。

葛根湯を飲んで寝てみる。

次の日起きて、少し寒気は引いたみたい。

しかし次はおなかに来てしまった。もうあんまり軽視できない状態。

汚い話ですが、もう、上から下から止められず、本当にひどい状態。頭もふらふらする。
なんとなく軽い脱水状態。

そこで、朦朧とするなか、何と漢方の本と、今のテキストを開いて自分の今の体の症状と照らし合わせてみる。


中医学では、「証(しょう)」という表現があります。

この言葉は、1つの症状や、病気を指しているのではなく、

そのひとのそのときの状態を指す言葉だそうです。

また、その人の体質や症状、病気の場所や性質、原因や精神状態まで(!!)

さまざまな角度から総合的に分析して「証」を決めるのだそう。


これを決めるために「四診(ししん)」という診断法を使います。

四診は

望診 目で見る・・・顔色・精神状態・皮膚のつや・目に見える相手の状態
聞診 耳と鼻できく・・・声・呼吸・咳・口臭・体臭・排泄物のにおい等
問診 患者から聞き取る・・・熱い寒い、汗とか体の状態を直接患者さんから聞く。病気の原因等
切診 体に触れる・・・脈・おなか等(からだにさわるのは、他人を診断するとき医療に関する免許がないとやってはいけないらしいです)
                                   の4つ。

つたない知識ですが、これを自分自身に実践してみました。
練習にもなるし、失敗しても、私の体だし。

まず「望診」。
顔色はくすんだ黄色。・・気血不足(脾気虚)
皮膚が乾いた感じ。・・血虚・津液不足・陰虚
肌に発疹が出でる・・風湿・風寒・血虚等
舌はでこぼこしたかんじで淡く白っぽい。・・気虚・血虚・寒証
「聞診」
胸が苦しく、ため息をつくと少し楽になる・・肝気鬱結(ストレスなどにより気のめぐりが悪くなった状態)
臭いは自分の鼻が信用できない状態で診られなかったです。
「問診」
自分で自分に聞いてみる。自分がどう感じているかをじーっと。。。これってなんだか自分をとっても大切にしてあげているようなここちよい感覚でした。具合悪いのにね。
暖めても収まらない悪寒・・表寒実証
まったく汗が出ない・・表寒実証・津液不足
味を感じない・・脾胃気虚         
便が水様便で消化していない感じ。・・脾気虚・脾陽虚・腎虚など
つかれやすくだるい・・虚証。特に気虚
体がおもい・・水湿・痰飲

どうやら、うえの結果を見るに、気虚・血虚 津液不足 脾(=消化吸収して栄養物質を作り出し、全身に運ぶはたらき)・ストレス??が多い
「切診」
脈を取ってみる。                           つづく
PR

薬膳の基本・・②薬食同源

薬というと今は、お医者さんが出してくれるあのタブレットや粉やカプセルの、あれとか、塗り薬とか。。。

食べ物も薬も、どちらもわたしたちの口か入り、身体にさまざまな影響を与える。

ご先祖様たちは、身体を張って(??)その食材が、

安全か
毒はあるか
それが身体にどのような影響を与えるか

を経験から学んできたそうです。   

「薬食同源」とは

その人に何が必要か知る

実際に正しくそれを食べる

体調を整える・症状の軽減

            という考え

生薬を使ったものではなく、一般食材の組み合わせでためして、調子がよくなるようならそれを続けて。

ここで感じたのが、

その人に何が必要か知る

ということ。

今のお医者さんが処方してくれているのも、私たちに見合った薬を量や、種類を選んでしてくれているんだと思う。

ただ、残念ながら、その判断の基準は、そのお医者様出なければわからない。

でも、薬膳はある程度の知識があれば、

自分で何が必要か知り、
材料を調達し、
つくり、
続けられる

というところ。 そして材料も一般に手に入る食材でよいのだ。

これで自分の健康が管理できていくのなら、
それは、とてもすばらしいことではないでしょうか?
これができるのも、先人がそれを学び、後世に伝える努力をし続けてくれたおかげ。
本当にありがとう。。

あとね、
その人に何が必要か知る

その方法が、とっても生身の人間っぽいところが好き。
その人の気質を見たりするのよね。
怒りっぽいとか、そういうのも判断基準のひとつ。

シンプルで、わかりやすい。人とともに在る感じがいい。


こんな世の中だからうれしいね。

西洋医学も進歩して、すばらしい。 こちらにもアプローチは違うかもしれないけれど、歴史がある。

今の時代は、このことに感謝して、両方のいいところをうまく取り入れることが○だと思います。

 

薬膳の基本・・①薬膳とは~薬膳の定義~

薬膳って聞いて、私は、”中国何千年の歴史??”と単純に思っていたんだけど、
実は、「薬膳」という言葉自体は現在の意味で使われるようになったのは、1980年(!!)だそう。
この言葉を使い始めたのは、中国のレストランとも、日本がはじめて使ったという説も。

さて、薬膳とは。。。

中医学(後述)の理論に基づき、食材や生薬を組み合わせて作る料理・または食事

                                   のことだそう。
そうそう。これが学びたかったのよね。


食材と生薬は区別されているのね。

生薬=薬として用いるために、①そのまま
                    ②乾燥させる
                    ③煎じる  など簡単な加工をした、天然の植物・鉱物・動物のこと。

ふむふむ。
そして、ただ生薬を使って作るのではなく、身体のバランスを整えるためにそれを食す人の体質や症状・体調または季節などに合わせて作る食事なんですって。
私の座右の銘
一期一会 
にも共通する考え方ね。

今、東洋医学が注目されていますよね。

もともと、中国では、「食養」と「食療」が重要視されてきていたそう。

食養=食べ物で病気を予防し健康増進を図ること(今で言う予防医学のひとつかな・・?)
食療=病気になった人が、食べ物で症状を軽減したり、回復を早めたりすること

食べ物でお医者さまはみんなの病気を見てくれていたわけだ。。

私たちが口にする何気ない食べ物たちにそんな働きがあったなんて、すごいね!!
飽食の時代でついつい忘れがちな食の大切さを改めて実感しました。

次は・・薬膳の基本・・①薬膳とは~薬食同源~です。

薬膳の勉強

健康的な食生活。
今は情報のあふれている世の中だから、
何を選択すればいいか、迷っちゃいますね。

いいといわれるものは、何でもかじってみようと思い、
まず、前から気になっていた、薬膳料理にLOCK ON。

私の座右の銘は
「一期一会」
「温故知新」

なので、ちょっとシンクロしてるでしょ。(ちなみにSynchronicity =共時性も好きな言葉)

1人で学んでいると、三日坊主になりやすいけど、こういうときにブログって役に立つ。

というわけで、早速学んだことをアップしていきますので、
よろしかったら一緒に学びましょ。
あなたの存在に感謝。

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
FNMD
性別:
非公開
職業:
アーティスト・料理人
趣味:
ピアノ・音楽・読書

バーコード

ブログ内検索

お天気情報

ブログの評価 ブログレーダー

Copyright © やね~八音~ブログ by津金美由紀 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]